HOME > 製品情報

製品情報

  • 目的・機能から探す
  • 用途から探す
  • 完成形から探す

一覧へ戻る

目的・機能から探す

EF酸化亜鉛

手軽な印刷の方式として発展してきた電子写真。静電潜像系成剤の中でも最もポピュラーば光半導体は酸化亜鉛です。
当社のEF用酸化亜鉛は国内外のユーザーに長年収入の実勢を持ち、また独自のEF特性・粒子径管理をしており安心してお使いいただけます。
電子顕微鏡写真(SEM)
酸化亜鉛の帯電特性

豆知識!電子写真のプロセス

電子写真プロセスの原理は、1938年のC.Fカールソンによって発明されました。
電子写真はまた、間接静電複写ともいわれます。
電子写真方式とは、感光対体を帯電器により帯電させた後、この感光体に印字データに従い、書き込み用光源を発光させ、感光体表面に静電潜像を形成(露光)し、この静電潜像をトナーで可視化する方式です。大きく分けてLED方式(光源にLEDアレンを使用)とレーザー方式(光源に半導体レーザーなどを使用)の二種類があります。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る

  • 目的・機能から探す
  • 用途から探す
  • 完成形から探す

Page top